リフォームローンどこがいい?金利が安い銀行の選び方

リフォームローンの一体型とはどういったものかご存知ですか?平たく言うと住宅ローンとリフォームローンがセットになったローンです。

中古物件を購入しリノベーションするなら一体型ローンが良いかと思います。

リフォームローンはじぶん銀行の住宅ローンと比べて高金利なので一元化することでリフォームに関しても低金利が適用されます但し、気を付けなければいけない点もいくつかあります。

それは事前審査においてリフォームの見積書が求められたり、申込の際にリフォーム工事の請負契約書の提出が必要になることがあります。

そのため、中古物件探しと同時にリフォーム業者を探し、見積もりなどを取っておく必要があるのです。

口コミ評価の高いオリコのリフォームローンをご紹介します。

オリコのリフォームローンは24時間、365日仮受付可能という「Webリフォームローン仮受付」がとても便利です。

来店する手間がなくパソコンから申し込み可能で審査も最短2日という速さで結果が郵送されてきます。

オリコのリフォームローンは固定金利が適用されるのですが、保証人、担保、保証料など一切不要というメリットがあります。

ローンの使途として改修工事やリフォームだけでなく太陽光発電システム設置工事などにも利用することができるのです。

申込時の注意点としてWeb仮受付の申し込みにはオリコとの提携販売会社やリフォーム会社との契約が必要であり、Webフォーマットには販売店コードまたはIDを入力しなければならないことがあげられます。

リフォームローンでシミュレーションがあるのをご存知ですか?シミュレーションは金融機関のHPで試算することができます。

検索サイトで「リフォーム シミュレーション」と検索すると複数の検索結果が表示されますので、上位のサイトへアクセスしましょう。

返済期間や借入希望額、割合などを入力すると毎月の返済額が瞬時に算出されるためローンを組む前のシミュレーションに最適です。

個人情報を登録せず利用できるので気軽に利用することができます。

返済額の計算は素人では難しいのでリフォームローンを考えている方は積極的に利用しましょう。

リフォームローンを組む場合、いくら借りられるかというのは、工事をする上で最重要項目ですね。

しかし、リフォームローンは住宅ローンと比較して借入限度額は1/10程度しかありません。

借入れできる最大金額は500万円から1000万円という商品が多いです。

リフォームローンの金利は、金利は2%から5%、返済期間は最長でも10年から15年しかありませんので、借入金額が多くれなれば比例して返済額も大きくなってしまうのです。

参考:リフォームローン金利比較でおすすめは?【金利が安い銀行ランキング】

返済に無理のない借入額をきちんとシミュレーションすることがローン組む上で重要です。

リフォームローン減税について説明します。

リフォームローン減税について簡単に説明すると住宅ローンを利用してリフォームをした場合に対象になる減税制度のことです。

対象となる工事にはいくつかの条件があります。

減税対象となる麹は耐震改修やバリアフリー、省エネ工事などに限られしかも100万円を超えないと適用されません。

申請する側についても要件があり年収は3000万円以下で返済期間が10年以上という条件のほか、工事完了から6ヶ月以内に本人が居住することなども必須条件となっています。

また減税の申請は自己申告制なので確定申告が必要となります。

楽天にもリフォームローンがあることをご存知ですか?楽天のリフォームローンにはフラット35(リフォーム一体型)というものがあります。

住宅の購入資金+リフォームの工事資金を合わせ一つのローンでまとめて融資を受けられる商品です。

2016年10月からは新たな商品である【フラット35】リノベが販売されています。

フラット35(リフォーム一体型)と異なる点は5年間または10年間の金利が0.6%引き下げが受けられることになります。

注意点として、工事前に適合している基準は対象とならないことや【楽天銀行などのフラット35】Sとの併用はNGとなっています。

お気の毒にもリフォームローンに落ちたという方はまずはその原因をきちんと分析する必要があります。

まず、考えられる要因は借入希望金額が高すぎたのかもしれません。

あるいは、勤続年数が短すぎるとか会社の経営が思わしくないなどといった問題があったのかもしれません。

仮にマイカーローンの返済中であったり、キャッシングしている額が多いといったカードローンの利用状況というのは、融資の可否について大きな要因となります。

これらの残債をきちんと整理することが審査に受かる第一歩となります。

なるべく低金利でリフォームローンを借りるには担保型のローンを選ぶことをおすすめします。

リフォームローンには大別して担保形と無担保型があるのですが金利相場はもちろんのこと、借入期間や借入可能額などにも違いがあります。

無担保型の場合、借入期間は最長で10年から15年となっており、借入れ可能な上限金額は500万円から1000万円となっていますが、担保型は期間は最長35年、上限金額は1000万円から1億円と桁違いです。

金利に関してですが、長期借入の方が期間が長い分低金利になりますので無担保型の金利が約2から5%に対し、担保型の金利は約1から2%となっています。

又、貸付金利タイプでも差があり固定金利と変動金利を比べた場合変動金利の方が低金利になります。

納得できるリフォームローンの選び方というのは金利だけを見てはいけないということです。

借入れ可能な期間や上限金額や担保や保証人の有無なども考慮しなければいけません。

団体信用生命保険(団信)に加入できるか否かや手数料など諸費用についても細かく比較することをおすすめします。

建材メーカーの中には自社の商品を使ってリフォームすると金利は0%、しかも無担保でリフォームローンを組める場合もあります。

リフォームローンは様々な会社から魅力的なプランが用意されていますのでローン対応のリフォーム会社に相談するのもいいでしょう。

比較的手軽なリフォームローンの無担保型とは担保を用意する必要のないリフォームローンです。

保証人を確保しなくても借りられるので手軽に利用出来るローンです。

一方で、借入期間の短さや金利の高さ、限度額の低さなど担保型に比べた場合、不利な点も結構多いです。

故に無担型ローンが適しているという場面は小規模なリフォームといえるでしょう。

持ち家を所有していて、少額のリフォームならば、割と余裕がある人のリフォームであると判断されることが多く審査に通りやすいと言われています。

知っておくとお得な情報として、リフォームローンの金利相場は市場金利に応じて上がったり下がったりします。

担保があるか否かによっても金利が変動し現在は有担保型なら1から2%、無担保型なら2から5%が相場です。

金利タイプを大きく分けると2種類あり変動金利型と固定金利型があります。

変動金利型というのは市場金利に応じて半年ごとに金利が更新されるローンで固定金利型は市場金利の上下に関わらず、金利が一定のローンです。

さらに固定金利型には完済するまで一定の金利が継続される長期固定金利型とある期間内だけ固定になり満了ごとに長期か変動を選択する固定金利選択型があります。

リフォームローンの頭金はリフォーム業者によって対応が異なります。

工事に取り掛かる前に頭金が必要になる業者や工事完了後に全額一括支払いでという施工業者もいます。

リフォームの金額も工事業者によって大分違いますので複数のリフォーム業者から見積もりを取ることをおすすめします。

通常、頭金に必要な費用は工事費用の1から2割程度が一般的ですが、最初に勝手に見積もりを出し資材費を請求してくるような業者もいます。

後で追加資材の費用など不明な費用を請求されないためには事前に契約内容をしっかり確認して、資材の総額などきちんと契約書に記載させることです。

リフォームローンで受けられる控除は所得税を控除することができます。

申告をすることで、その年の所得税から工事費の10%(限度額アリ)が還付されます。

対象となるリフォームと限度額は条件付きになっています。

三世代同居や省エネ、耐震工事の場合は25万円、バリアフリーのするためのリフォーム工事では20万円と定められています。

共用する控除の要件には自分が所有して住まうことや所得が3000万円以下でないと適用されないなどがあります。

リフォームローンの口コミで気を付ける点として、高評価な金融業者が当たりとは限りません。

低金利なローンであれば多くの人が希望するのは必然ですので審査が厳しい傾向にあります。

厳しい審査ですから、多くの人が涙を飲む結果となり怒りが収まらず、悪い口コミを書いてしまうんですね。

なので、偏った口コミに流されてローンを選んでしまうと自分に条件に合致した商品を見落としてしまうかもしれません。

金融関係の口コミの場合、口コミの件数に左右されることなく、どうしてその評価を下したのかという理由まで見る必要があるのです。

リフォームローンの金利というものは金融機関によって異なります。

1%台からの低金利なところもありますが、高い金利は15%に近い金融機関もあります。

金利体系は2種類あり変動と固定の2種の金利体系があります。

変動金利には金利が低いメリットがあるのですが、景気の変動に応じて金利が変わるリスクがあります。

その点、固定金利は完済されるまで金利が変わらないという安心感はありますが、金利が高いというデメリットや相場が下がっても高い金利のまま返済を続けるリスクもあります。