最近テレビなどで見かけることのあるアルヒの住宅ローン

どんな会社か、ローン商品なのかあまり知らない人も多いと思います。

会社としての特徴としては、住宅ローンの1種であるフラット35の取扱実績シェアが22%と国内で1番多いそうです。

webでは「ARUHI家の検索」というサービスも行っており、そこでは現在の勤務地や通勤時間などのカンタンな質問から、今の家賃と同じくらいの支払額で買えそうな物件を検索できます。

ローン商品の特徴としてはフラット35の利用者の22%が利用しているという点です。

他にも金融機関と比較すると審査スピードが早いことです。

例えば事前審査は最短で当日に結果がわかることもあるようです。

住宅を購入する際に利用する住宅ローンですが金利変動のリスクがイヤでフラット35で組んだ人もいると思います。

現在返済している人はできる限り月々の支払額を低く抑えたいはずです。

実はフラット35から別のフラット35への借り換えもできるんです。

その際、メリットが出てくるのは金利差が0.3%以上となっています。

他の変動型ローンへ変更することもできます。

その際は、各金融機関のHPにあるシミュレーションを利用して毎月の支払額がどのくらい下がるかやその他費用も含めて総合的に見て検討するようにしてください。

借入に際して審査を行う形になるので書類の準備にも気をつけてください。

世の中には様々な住宅ローンが存在します。

銀行機関独自のローンやフラット35のようにどこの銀行機関で借りても基本的には同じ条件になるローン商品など種類がたくさんあってどれを選べばよいかわかりません。

他の人がどういった部分を比較してローンを組んでいるのでしょうか。

特に比較されているのは金利です。

単純に金利の数値を見ている場合もあれば金利が変わる可能性のある変動型にするか、一定の固定型にするかという部分です。

変動制の場合は銀行機関独自のローンになるので繰上げ返済手数料や保証料など銀行機関ごとに変わります。

住宅ローンを探す際の判断基準の参考にしてください。

長期間に及ぶ高額なローンといえば住宅ローンなどがありますが。

なかなか周りの人に相談するものでもなく、どれを選んだら良いかわからないという人も多いはずです。

ファイナンシャルプランナーなどの専門家に相談するのが一番だと思ってもどこに相談に行けば相談できるのかわからないという場合もあります。

CMなどで名前を聞くフラット35について聞きたい場合は各銀行機関へ行くのも良いですが住宅金融支援機構が開催している相談会に参加するのがオススメです。

この相談会に行く場合は予約がいるのでHPで会場などの開催情報を確認しましょう。

テレビCMでおなじみのフラット35ですが、中古住宅でもローンを組めるの?という質問を聞きます。

結論から言えば条件を満たしていれば利用できます。

その条件の内容としては、床面積の広さや購入価格が1億円以下の物件かなどの条件です。

中古ならではの条件もあり、申込日の時点で竣工日から2年以上経過している、すでに人が住んでいたことがあるかという条件です。

もし新築で建てた物件に対して金利見直しのためにローン借り換えを行う場合は中古物件扱いになるのでこれらの条件を満たしていることが必要になります。

そのため中古物件を購入する際もご活用ください。

住宅の購入を考えたときに、多くの人が住宅ローンを利用するでしょう。

特に現在は、金利が低いので長期のローンを組むのに適しています。

ただ、住宅ローンといっても様々な種類があります。

その中でも、「フラット35」という言葉を聞いたことはありませんか?名称からはどんな特徴があるのか伝わりにくいですが通常の銀行ローンと一体何が違うのでしょうか。

メリットとしては、返済金額が変わらないので返済計画が立てやすいことや保証料や繰上げ返済手数料が発生しないということがあります。

デメリットとしては、金利が変わらないので低金利になると割高になってしまうことや独自の審査基準になるので場合によっては借入できないことがあります。

住宅ローンについて調べているとフラット35と銀行の住宅ローンは何が違うの?

という疑問を持っている人が少なからずいるようです。

フラット35とは住宅ローンの中の1つです。

民間の金融機関では、全期間固定金利での高額融資は資金調達が難しいとされています。

その資金調達の難しさやリスクを住宅金融支援機構が取っています。

メリットとしては、勤続年数が短くても借入できる可能性があることや主な特徴としては、金利が全期間固定で繰り上げ返済は100万円から可能、事務手数料以外の保証料が不要なことやまた、勤続年数が短い・契約社員の方でも申し込みができるようです。

住宅を買う際に活用する住宅ローンですが金利変動のリスクを嫌ってフラット35にした人もいると思います。

どうせ支払うなら今よりも月々の支払額を低く抑えたいはずです。

実はフラット35から別のフラット35への借り換え融資もあります。

その際、メリットが受けたい場合は金利差0.3%以上が目安となっています。

変動型から、変動型へ換えることもできます。

行うかどうかは各銀行のHPにあるシミュレーションを利用して月々の支払額がどう変わるかやその他費用も含めて様々な面から検討するようにしてください。

借り換えは新たに審査を行うことになるので場合によっては借りられないこともあります。

住宅は人生で最大の買い物とも言われています。

その際活用する住宅ローンですが調べてみるとフラット35とフラット35sという2種類の名称のプランがあります。

いったいこの2つのプランは何が違うのでしょうか。

まず知ってもらいたいのがどちらか一方を選んで申し込むというものではなく購入する住宅が要件を満たしていると自動的に適用されるものです。

一例としては、省エネルギー性や耐震性、バリアフリー性、耐久性などが入ります。

これらの条件を満たしているとフラット35sが適用されます。

また、中古の物件でも条件さえ満たしていれば利用できるのでぜひ活用してください。

住宅を購入するときに利用する住宅ローンですが多くの住宅ローンでは、購入する物件が決定してから審査を始めることが多いです。

事前審査の結果、ローンが組めないこともあります。

では、いくらまで借りられるのでしょうか。

例えば全期間固定金利のフラット35取扱実績1位のアルヒが行っている「ARUHIの家検索」というページでは物件を決める前に他に年収が400万円未満だと年間返済額が年収の30%以内までなどの条件もあります。

他の機関のHPにも借入シミュレーションがあるので物件探し時に必ず確認するようにしましょう。

予算が分かっていれば選択肢も絞られてくるので探しやすくなるのではないでしょうか。

一般的にローンを借りる場合、変動型の方が金利が低いことが多く変動型で借りた方がお得に見える一方でただ、変動型の場合は逆に支払額が高くなるリスクもあります。

そんなリスクで悩みたくないという人も多いと思います。

そういった可能性を排除したい方は、フラット35などのローンを契約することをお勧めします。

固定型と書いているように、完済までの期間ずっと毎月の支払額が変わらないようになります。

マイナス面としては、金利固定なので低くなったとしても支払い料金が低くなることもないことです。

長期間に及ぶ高額なローンといえば住宅ローンなどがありますが。

なかなか周りの人に相談しても詳しい人がいなく、どう決めたら良いかわからないという人も多いはずです。

FPに相談するのが一番だと理解していてもどこに相談にいけばいいのかわからないというケースもあります。

住宅ローンの中でもフラット35について聞きたい場合は各銀行機関窓口へ行くのも良いですが住宅金融支援機構が主催している相談会に参加するのがオススメです。

この相談会への参加は予約が必要なようなのでHPで会場などの情報をチェックしておきましょう。