フラット35の借り換えなど考察録

フラット35などを始め住宅ローンを掘り下げていきます。

HOME

フラット35の団信の考察

フラット35には団信というものがあります。 団信とは団体信用生命保険の略称で、住宅金融支援機構が提供しているのです。

フラット35の契約者が、自分自身に万が一のことがあった場合のための保険として加入できるのが団信です。

具体的には、住宅ローンを借りた人が死亡した場合や高度障害になった場合などに、支払いの残っているローンをその人のかわりに一括して返済してくれるのが団体信用生命保険なのです。

この機構団信のほかにフラット35には、3大疾病付機構団信があります。 これは、がん、脳卒中、急性心筋梗塞の3大疾病といわれる病気にかかった場合にも機構団信と同じ内容の保障をしていくという保険なのです。

ただし、3大疾病付機構団信の保険料は機構団信よりも少し割高になります。 民間の住宅ローンではこの団信への加入が義務付けられている場合がほとんどなのです。

そのため、病気などが理由で団信に加入が認められない場合には、住宅ローンに申し込むことができません。

その点、フラット35では、団信への加入が義務付けられていません。 つまり、団信に加入しない人や団信に加入できない人でも申し込みができるのです。

また、団信に加入しない場合には、月々の返済額を抑えることもできます。

ただし、団信に加入せずにいた場合、フラット35の契約者が死亡しても、その相続人が引き続き残ったローンを支払うことになりますから、気をつけましょう。

フラット35の返済期間は、最長で35年にもなります。

ですから、今どんなに健康であったとしても、「機構団信」や「3大疾病付機構団信」というものが先々の安心のための備えだと考えることができます。

フラット35比較の口コミって?

フラット35と民間住宅ローンの違いなどはどのように比較してみたらいいのでしょうか。フラット35と民間の住宅ローンはそもそもしくみがかなり違っているようです。

口コミサイトなどみると、派遣社員や契約社員などの場合、銀行の住宅ローンでは審査がおりないということが多いかと思われますが、フラット35ではローンを組むことが出来たという口コミも多いのではないかと思われます。

このように、内容なども違いますので、まずは口コミサイトなどをいろいろとみて参考にするととても分かりやすいと思いますので、
是非住宅ローンについて、フラット35などについての口コミサイトを探してみるといいでしょう。日付の新しいものを参考にすることをおすすめします。

引用サイト

フラット35金利一覧で最安は?金利の推移予想!【銀行比較の決定版!】
フラット35の金利に注目して一覧でご紹介!フラット35住宅ローンで一番金利が安くておすすめの銀行を知りたいという方必見!これまでの金利の推移とこれからの動向についての分析もどうぞ!
www.flat35kinri.com/

↑Pagetop

Copyright(c)フラット35の借り換えなど考察録. All rights reserved.